渋谷を中心とした言葉や文学を楽しむコミュニティを構築しております。
学校や図書館、家庭での文学体験や言葉に触れる機会を少しだけ拡張できるような活動だと捉えてください。
誰でも楽しく、自分の求める範囲で自由に、物語や言葉に触れることができる場所を目指しております。

最新情報や発信はこちらのページと、各SNSをご確認ください。

noteマガジン:https://note.com/carecafe1201/m/m4573194b0903

instagram:https://www.instagram.com/shibuyabungei?utm_source=qr&igsh=aXc1eDhxdzQ5bWY1

弊社公式ツイッター:https://x.com/poetryfactory_t

今後の予定

7月31日 16時〜19時、景丘の家(恵比寿付近)にて開催いたします。

7月31・8月31日開催!渋谷文芸食堂を開催します

7月31日(水)と8月31日(土)の16〜19時に「渋谷文芸食堂〜手作りごはんでお腹とこころを満たす〜」を恵比寿の景丘の家で開催致します。お近くの方をはじめ、食事や本、…


お申し込みはフォームよりお願い致します。https://poetryfactory.jp/shibuya-childrens-literature-cafeteria/

活動履歴

イベント
7月31・8月31日開催!渋谷文芸食堂を開催します
渋谷
おとなり本の交換会を開催しました!
渋谷
渋谷おとなり本の交換会
渋谷
渋谷文芸食堂・説明会/アイディア会

メンバー

藤田岳斗 料理長/食品衛生責任者

Takato Fujita

学童クラブ勤務。 「星の王子さま」「アルジャーノンに花束を」「図書館戦争シリーズ」が今の人生観を形づくってくれた物語本。 自転車で日本各地を周っていたときの愛読書は、野矢茂樹さんの「入門!論理学」

[ ひとこと ]
渋谷文芸食堂が貢献できるであろうこと ーこどもたちが安心安全を感じられる場所・時間、食育・文芸体験、保護者の方の交流の場、地域交流の拠点ー が最大限発揮されるように活動して参ります。
子どもと関わる保護者・職業の方だけではなく、1人1人がこどもを温かい眼差しで見守る社会になりますように。

神泉薫 ワークショップ・事務担当

Kaoru Shinsen

詩人・作家、常陸太田大使。中村恵美名義による詩集に『火よ!』(第8回中原中也賞、書肆山田刊)。神泉薫名義による詩集に『白であるから』、エッセイ集『光の小箱』(以上、七月堂刊)。絵本に『てのひらいっぱい あったらいいな』(こどものとも 年少版 福音館書店刊)。その他、著書多数。趣味は、ゴスペル。

[ ひとこと ]
ここ数年、作家活動とともに、地域の子どもたちと触れ合う仕事に従事しています。
また、絵本の読み聞かせ講座やボランティア活動なども経験し、子どもたちの笑顔は、心から素晴らしいと感じています。今回の渋谷文芸食堂、ことばとごはんのコラボレーション、参加してくださる皆さんと、温かな時間を分かち合えることを楽しみに、活動して参りたいと思います。


古澤伸泰 総合サポーター

Nobuyasu Furusawa

墨田区で学習塾「まなびやさん」を経営するかたわら、お茶の水女子大学附属中学校で国語の講師も務める。 専門は作文・小論文指導と読書教育。

[ ひとこと ]
読書を楽しめるようになるためには、自分に合った本、そして自分に合った読み方と出会うことが大切です。 渋谷文芸食堂がその出会いの場になれるよう、ご協力させていただきたいと思います。

船岡佳生 ワークショップ・事務担当

Yoshiki Funaoka

日本リベラルアーツ協会代表。渋谷区内の私立高校で、教材開発の1年間勤めていたため、区内の中高の教育に貢献しようとする26歳。
マイブームは古本屋で、積読する本を買い漁ること。

[ ひとこと ]
もともと、2022年より新宿駅付近で渋谷区こどもテーブルさんのフードパントリーのボランティアに関わっていたので、Poetry Factoryに関連して開催できることを大変嬉しく思います。中学生くらいまで、本を読むことが好きだったことを思い出しつつ、言葉を通して渋谷文芸食堂で皆さんと楽しく遊べることを一番に考え、責任を持って運営して参りたいと思います。

PoetryFactoryとは?

お問い合せ・コミュニテイ参加